DaiyaTrip

台湾 歴史と温泉の旅アドバイザー 大谷の放浪記。

台湾 歴史

澎湖島おすすめ歴史スポット約20選

投稿日:

台湾の離島「澎湖諸島」。現在はカップルに人気の南国リゾートですが、かつては日本の植民地でした。

今回は筆者が澎湖島で訪れた、もしくは訪れたかったけど訪れられなかったおすすめ歴史スポットをご紹介します。

日本時代遺跡マップ

歴史遺跡めぐりはこちらのマップを参考にさせていただきました。

蛇頭山エリア

松島艦慰霊碑・フランス軍記念碑・オランダ城記念碑

澎湖沖で沈没した明治時代の軍艦「松島」の慰霊碑です。ここは有名ですので多くは語る必要なさそうですが、かつては市内にあったそうです。周辺にはフランス軍上陸記念碑や、オランダ城跡記念碑もあり、外国に翻弄されてきた台湾の歴史を一望できるスポットになっています。

ちなみに「松島」を含めたフランス製の「三景艦」はずさんな設計で使い物にならなかったというのはまた別の話。

大山砲台(仙人掌公園)

日本海軍の大山砲台跡です。サボテン公園が休館日で行けませんでした。

魚雷基地跡?(青湾付近)

サボテン公園の近くにあるコンクリートの廃墟です。みたところ、魚雷関係の基地のように見えるのですが・・・。調査中です。

風櫃洞展望台

半島の南側にある展望台です。すぐそばのアイスクリーム屋さんのサボテンアイスが絶品。

南部エリア

日軍上陸記念碑(龍門)

澎湖島に日本軍上陸記念碑は二つありますが、東端にある龍門の記念碑。戦後「光復記念碑」にされましたが、後に「混成支隊上陸記念碑」に復元され、「光復~」のほうは隣に置かれています。

日軍上陸記念碑(林投)

南部林投にある上陸記念碑。こちらは「抗戦勝利記念碑」となったまま復元されていません。この二つの扱いの違いは深く探りたいところ。

澎湖県軍人忠霊祠(林投公園)

林投公園内にある澎湖県軍人忠霊祠。一般的に忠霊祠は植民地神社跡に作られていることが多いのですが、澎湖神社とも澎湖遥拝所とも場所が異なっています。考えられるとしたら、中正記念堂のように練兵場だった可能性があります。

ただ一つ気になるのが正面の灯篭。明らかに神社式の灯篭で、かつて澎湖神社に置かれていたものに瓜二つなんですね。かつて澎湖神社にあったものを戦後こちらに移設し、近年そのままの形で復元したのではと考えています。

国軍のミサイル、戦車、歩兵砲などがおかれた軍事公園です。

公園はとても広大で、「華航四年大限」 と呼ばれていたほど事故の多かった中華航空。その墜落事故の慰霊碑などもあります。

馬公商港エリア

馬公市街の西側、客船ターミナルがある商港エリアには、日本時代の建築が多く残っていて、「歴史ストリート」となっています。

旧馬公税関

旧馬公郵便局

澎湖警察署資料館

旧総督府澎湖出張所

第一賓館

防空壕(観音亭海浜公園)

旧澎湖庁

旧澎湖庁長官舎

馬公憲兵隊舎

澎湖神社跡

中法戦争記念碑

馬公老街エリア

西河印刷所

乾益堂薬局

西河印刷所(左)、四井(右)、乾益堂薬局(奥)は隣接しています。

四井

菊島之星

船の形をしたショッピングモール。珊瑚のお土産などもここで買えます。

潘安邦紀念館 (外婆澎湖灣故事館)

http://photo.xuite.net/_pic/yoimg/4263754/1126454175.jpg/

市街のはずれに、眷村を保存、展示している外婆澎湖灣故事館があります。筆者は残念ながら行けていないので、いつかリベンジを。

東部・北部・西嶼エリア

奎壁山摩西分海

干潮のときだけ道ができる観光スポットです。一人で来ているのは自分だけでした。

中屯風力園区

本島から北部へ上がっていくと、中屯風力園区という休憩区があります。大きな風車を望む風光明媚な場所ですが、足下にトーチカがありました。要塞だったんじゃないでしょうか。

通梁村

通樑古榕の手前に、古い街並があります。サンゴ礁で造られた貴重な清朝時代の家々です。

通樑古榕

大きな木が寺院を覆っており、この付近は観光地になっています。

澎湖跨海大橋

とてつもなく長い橋、並行して日本時代の橋桁を望むことができます。ここを電動スクーターで抜けるのは一苦労でした。

澎西嶼跨海大橋牌楼

橋を渡りきった先にある休憩区。ここで日が沈んで来たのであえなく断念。

澎湖島要塞(西嶼)

西台古堡

https://www.travelking.com.tw/tourguide/pic11911.html

澎湖島の最西部「西嶼(漁翁島)」には、いくつもの要塞跡があります。西台、東台と東西に渡って広く要塞が構築されており観光スポットになっています....が筆者は目前でタイムアップ。リベンジ待ちです。

二崁陳宅

https://zh.wikipedia.org/wiki/%E6%BE%8E%E6%B9%96%E4%BA%8C%E5%B4%81%E9%99%B3%E5%AE%85

清朝時代の古い邸宅が古蹟として残っています。

離島部

澎湖諸島はとにかく島が多く、全て巡るにはかなり時間がかかるでしょう。とりあえず2つ、筆者が行ってみたい古蹟を紹介します。

震洋特攻隊基地(望安)

http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/2164677

望安嶼に、日本海軍の特攻艇「震洋」の基地が残されています。なんとご丁寧にも震洋艇を復元展示してくれており、これはぜひとも行っておかねばと思っているところです。

山本五十六南進指揮所(虎井)

虎井西山地下碉堡

http://www.phsea.com.tw/travel/index.php/Image:%E8%99%8E%E4%BA%95%E6%96%B0%E5%A2%9E%E7%9A%84%E7%85%A7%E7%89%87-08.jpg

山本五十六がここからパールハーバー攻撃の指揮を執ったと言われる、虎井嶼の「山本五十六南進指揮所」(虎井西山地下碉堡)。まあ本島にここに山本大将が来たかどうかは別として、日本軍の要塞が遺構として保存されています。こちらもいずれ訪れてみたい場所。

 

以上、澎湖島の行きたい&行ってみたいおすすめ歴史スポットでした。

 

 

-台湾, 歴史
-, , ,

Copyright© DaiyaTrip , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.